におい対策.info

旧:におい撃退インフォメーション。気になるにおいの原因や対策方法を解説。口臭や脇の下、足などの身体のにおいや、部屋や車内の悪臭など、お手軽に改善できる情報が満載。アロマや香水など、香りを楽しむ情報も。

猫を飼っている方のほとんどが悩んでいる「におい」。それは、猫のトイレ周りのにおいではないでしょうか。

猫は、ほかの動物と比べてあまり水分を取らない生き物。そのために、一度のトイレで、いらないもの、そしてにおいまで、ぎゅっと凝縮して出してしまうのだそうです。

183230-001
 

お客さまがいらっしゃる時にも困りますが、猫は嗅覚が鋭いので、トイレのにおいが嫌だと、床やソファなど他の場所でトイレをしてしまう恐れもあります。そのためにも、しっかりにおい対策をすることが有効です。

  • 1.室内用芳香剤を使用する 
市販の室内用芳香剤には、さまざまなものがありますよね。香りの名前まで凝っていて、選ぶのも楽しいものです。しかし、猫を飼っているご家庭では、無臭のものをおすすめします。

猫には苦手なにおいがたくさんあるからです。特に柑橘類のような「すっぱい」においは、「腐ったモノ」として判断するため大の苦手。猫にいたずらしてほしくない場所などに「しつけ」の一環として使われるほどなのです。

  • 2.トイレの場所を変える
トイレの個室が広めのお宅なら、猫のトイレもそちらに移動しましょう。トイレ用芳香剤を使うことで、まとめてにおいを消すことができます。

  • 3.重曹を使う
そのほか、猫にもやさしいにおい対策としては、お掃除にもよく使われる重曹もあります。小さな容器に粉を入れておくだけで大丈夫。湿気を含んで固くなってきたら交換しましょう。なお、猫がなめたりしないように、なるべく気づかれない場所を選んで置くといいでしょう。


 


いかがでしたか? 猫のにおい対策3選でした。

前回の記事ではリラックス効果のあるアロマを紹介させて頂きましたが、あえて代表的なラベンダーを除きました。特に理由はないのですが、「他にもこんなのがあるんだよ」というのを知って欲しかったからです。

では、今回は代表的なラベンダーに絞ってお話させて頂きます。ラベンダーなんてありふれてるとお思いにならないでください。ラベンダーはとても優れた効能があります。

lavender01
 

とても優れた鎮静効果がある為に、心と体両方に効果があります。心の面では精神的にリラックス作用があるので、寝れない夜などに効果が発揮できます。体の面では皮膚の炎症やかゆみなどに用いられます。


元々ラベンダーがアロマという分野に登場するきっかけになったのが、アロマテラピーの発案者の科学者が実験中に事故に遭い、その治療過程でラベンダー精油を使用した著しい効果が出たことが『アロマテラピー』そのものの始まりなのです。

抗ウイルス作用や殺菌・消毒などもあり、不快なニオイを防ぐ効果があります。なので、消臭剤などにラベンダーがよく用いられるのはそういった理由があるのです。また、自律神経のバランスを整えてくれる作用があるので身体全般の免疫力をアップさせてくれます。

他にも効果として、肩凝り・頭痛・腰痛・冷え性・目の疲れ・下痢・風邪気味の諸症状・花粉症・筋肉痛・月経痛や月経前症候群などの効能があります。ただし、より良い効果を発揮するにはそれぞれに適した方法でアロマテラピーを行うということです。それが前回の『アロマテラピーは全部で6つ方法がある』の部分で書いた部分です。


しかしながら、やはり個人差はあります。全ての人に効果があり、全ての人が好きな香りとは限りません。自分の大切な身体や大切な友人に合うかチェックしてから行うなどしてあげてください。そしてラベンダーを使ったリラックスアロマで心地よい時間をお過ごしください。

デリケートゾーンの臭いの悩みって、人に相談しづらいですよね。しかし、何か臭う気はするから、誰かに相談したいと思っていたりするものです。 

臭いが気になる時は、生理前後に多いようです。生理の時の血液の独特な臭いが気になる方も多いことでしょう。また、生理2週間前ぐらいから増えてくるおりものの臭いが強くなっているのを気にかけている方もいらっしゃるでしょう。

何が原因で臭いがするのか?簡単に言うと、「雑菌」です。もう少し詳しく説明しますと、雑菌が繁殖することで出る老廃物こそが臭いを発するのです。そしてその繁殖のきっかけとなるのが、ショーツについたおりものや、尿、汗、アカ、血液といったものです。中でもおりものはたんぱく質が多いので、特に繁殖しやすいものなのです。

そういった理由でおりものシートを利用する方もおられるでしょう。ただ、これもこまめに変えてやらないと、シート上で雑菌が繁殖してショーツという密閉された中で臭いを篭らせてしまいます。

また、デリケートゾーンには多く、アポクリン腺という汗腺が存在し、汗を非常にかきやすい部分となっています。ただし、このデリケートゾーンは、密閉されているので、高温となること、多湿になるのを軽減するのは難しくなるので、いかに雑菌を繁殖させないかが大事です。

対策は、清潔にすることが一番です。お風呂でしっかり、しかしデリケートな部分なお出やさしく丁寧に洗いましょう。また、おりものシートや生理用ナプキンはこまめに替えましょう。

会社員なら毎日身につけている人が多い、スーツ。このスーツもいろいろな臭いが知らず知らずのうちに付いています。ワイシャツや下着類であれば洗えば臭いは消えますが、スーツの場合は決して洗う機会は多くありません。

smell_waki


臭いの原因を知っておくことで、臭いを付けてしまう機会を減らすこともできますので、知識だけでも付けておきましょう。

  • スーツの内側から発生する臭い成分
スーツの内側から発生するにおいの成分といえばやはり汗です。夏の炎天下ではもちろんですが、冬でも満員電車内やちょっと暖房が効き過ぎている場所であればうっすらと汗ばむこともあります。汗のにおい対策という記事も書きましたが、やはり脇の下やスラックスの股の部分などは汗をかきやすい場所になります。

  • スーツの外側から発生する 臭い成分
日常生活でスーツににおいが付着する理由として多いのが、タバコの臭いと飲食店(特に焼き肉などの臭いの強いお店)でのにおいです。

最近は分煙が進んでいるので、カフェやレストランでタバコの煙を避けられる場合が多いですが、どうしても喫煙所の近くを通過するときには臭いがついてしまう場合があります。僕自信もタバコを吸っていた時はそれほど気にならないのですが、タバコを吸っていない人にはかなりキツイ臭いなんですよね。僕も禁煙して10年以上経ちますが、あのヤニ臭はかなりキツイです。

あと、飲食店での臭いですが、こればっかりは割り切るしか無い気もします。上着であればビニール袋を持って行って、脱いだ上着をその中に入れておけば多少はにおいがつくのを抑えることはできますが、スラックスはそういうわけにもいきません。現在ではにおいや煙ができるだけ出ないような焼肉店もあるので、そのようなお店を探すのも1つの手段です。でも焼き肉はにおいなんて気にしないでガツガツ食べたいですよね。

  • スーツの臭いを軽減する対策
においが付いてしまうのはどうしようもありません。でもそのまま放置しておくと、どんどん臭いが悪化していきます。ですので小まめな手入れが大切になります。

1. ブラッシング(手入れ)

着終わったスーツに、まず一番におこないたいことはブラッシングです。単純ですが基本になります。埃などの有機物を落とすこともでき、余計な雑菌が繁殖するのも抑え、結果として臭いの発生を弱めることができます。スーツ専門店などで専用のブラシは購入できますので、1つは所持しておきましょう。


余談ですが、最高級の毛(スーツ用)はビキューナという毛になります。このビキューナ作られたスーツは想像もできないような金額になりますが、このビキューナで作られたスーツ専用のブラシはなんと16万円もするんですよ。

ISHIKAWA BRUSH(イシカワ ブラシ) 洋服ブラシ(ビキューナ用・羊毛)

いやー、高いスーツは手入れにもお金がかかるんですね。

2. 風通しの良い場所に干す

こちらも簡単な事ですが、やるとやらないのではまったく違います。消臭剤をスプレーしてから干しても良いでしょう。ヌーラでも良いかもしれませんね。

3. スチームアイロンでアイロンがけする

スーツの繊維についたにおい分子をスチームと一緒に蒸発させることにより消臭効果が期待できます。もちろんアイロンなのでビシッとした折り目にもなりますので、ちょっとスラックスの折り目がヘタってきたと思ったら、消臭も兼ねてアイロンがけしましょう。

4. 複数のスーツをローテーションして、スーツを休ませてあげる

靴もローテーションすることで消臭作用があったり寿命を伸ばすことができるのと同様に、スーツもローテーションすることで長期間着用することができます。2~3着のスーツを着まわしていくことで陰干ししたりクリーニングに出したりすることも可能になりますので、量販店のセールなどを狙って何着か購入しておきましょう。

 

女性なら冬になるとみなさんブーツを履きますよね。そこで出てくる問題が足の臭い。そんな悩みも解消するために私の足での実験も元に何項目かピックアップしてみます。

boots01


まず脇の下や手、足のひらには身体全体比べ特に多くのエクリン線という汗線(汗を出す器官)があります。そこからたくさんの汗が分泌されます。ですが分泌される汗の99%が水分で残りの1%は塩分やカリウムなので直接原因にはなりません(汗をかいて臭う・・・についてはまた別の記事で解説します)。ではなぜ蒸れて臭くなるのでしょう。

  • 靴下、ストッキングが臭いの元

十分あります。試しに漂白剤や除菌系の洗濯洗剤で漬け洗いし、消臭スプレーをかけ乾いた靴下で一日過ごした後は変わります。新しい靴下だと臭いにくいと実感している方もいると思います。と、なると日々のお洗濯で落とし切れていない雑菌が汗によって増殖して臭いの元となっているのです。

  • 足の爪を隅々まで手入れする

エクリン線の多い足の爪の間の雑菌の除去。足の爪の間のこまめなお手入れや伸びすぎていないかなどちゃんとメンテナンスしていますか?そういった小さな努力の積み重ねが恥ずかしい思いをしないための1つなのです。

  • 足の古い角質や垢などの除去

ドラッグストアなどで売っている足の皮のケア用品。ゆで卵のようなすべすべかかとになりました。そう考えると不要な角質や垢などがこれだけあったのかと驚きました。その時期はブーツではなかったので、確信を得れなかったのですがこれも大いに原因の1つになるかと思います。

  • 臭くなる前の予防

何を言ってもこれが大事です。今では足用のデオドラントスプレーやクリームなどが数々出ていますね。これはとても効果があります。私も年中お世話になってます。



私はスプレーやクリームだけに頼るのではなく日々の身体のお手入れから臭いを無くしたいと考えているので他のものも紹介しました。いい匂いは人の気分を良くします。ですから素のあなたでもキレイでいい香りのする人になって欲しいと思っています。

タバコの臭いって結構、強烈ですよね。私も10年以上前に吸っていたのですが(今は禁煙しました)、あれって、吸ってる本人は慣れてしまって気付かないのですが、タバコを吸わない周りの人はすぐ分かるんですよね。

PAK85_berandatabakosuuookawa500
 
タバコの臭いの完全な消し方というのは、もうお風呂に入ったりシャワーを浴びたりして完全に洗い流してしまうぐらいしか無いのですが、 なかなか昼間にそんなことできないですよね。というわけで、完全ではないもののタバコの臭いのやわらげ方について解説したいと思います。

タバコを吸った後の口の臭いのやわらげ方

1.うがいや歯磨きをして、口の中の臭いの元を洗い流す
2.ミント系のガムを噛んで匂いの上書きをする
 
単純な方法ですが、一番効果的です。あと、何回か深呼吸をして体の中の煙やニオイ成分を外部に吐き出すということも効果があります。

意外と落ちない指の臭い

タバコは指に挟んで吸いますから、指にもヤニ臭さが残ります。 石鹸でしっかり洗ったり、アルコール成分の入ったウェットティッシュでニオイ成分ごと拭き取りましょう。

衣服の臭い

洗えるものは洗ってしまいましょう。 スーツなど、なかなか洗えない衣類は風通しの良い場所に吊るしておくことで、臭いを軽減させることができます。また、定期的にクリーニングに出すのも良いでしょう。

消臭剤を使う

急いで臭いを消したい場合は消臭剤を使うのもよいでしょう。ファブリーズや、当ブログで紹介しているヌーラなどの消臭剤をバッグに入れておけば安心です。

そもそも喫煙者の近くに行かない

実はこれが根本的な解決法だったりします。レストランやカフェでは禁煙席に座ったりすることですね。禁煙(分煙)のお店も増えてきましたし、オフィスの禁煙化も促進されているので、タバコの煙と近づかなくて済む環境が整備されつつあります。そうは言っても、駅の近くとか、喫煙所の近くを通らなければいけないシチュエーションはまだまだあるんですけどね。
 

今回の記事はにおいというよりも、香りについて、特にアロマテラピーについて書いていこうと思います。

一つにアロマテラピーと言っても使用方法や種類、濃度など様々なものがあります。その中でも今回は『そもそもアロマテラピーって?』という簡単なところからはじめます。


アロマテラピーは全部で6つ法があるのをご存知でしょうか?

1. 芳香浴法・・・精油の香りを楽しむ方法
2. 沐浴法・・・入浴時に香りを使う方法
3. 吸入法・・・積極的に精油を吸い込む方法
4. トリートメント法・・・薄めた精油でマッサージを行う方法
5. セルフスキンケア・・・精油と基材を使用した手作り化粧品
6. 湿布法・・・精油を入れたお湯や水を布に浸して身体に当てる方法

この6つの方法を状況に合わせて使い分けることで、効果的にリラックス効果を生むことができます。 

aroma01


【アロマテラピーでのリラックス効果】
 
代表的なリラックス効果があるのがラベンダーというのは有名ですが、今回はラベンダー以外の香りの紹介をしてみたいと思います。


・グレープフルーツやレモン
 
精神疲労からくる頭痛や身体の不調を癒し、消毒殺菌効果にも優れているので、空気洗浄や感染症の予防にも用いられます。交感神経を活性化し、脂肪の分解や燃焼しやすくするといったダイエットにも期待。 しかし、これらの精油は強い紫外線に当たると炎症を起こす事があります。
 
☆『リラックスというよりもリフレッシュがメインですね』


・イランイラン
 
エキゾチックな香りが特徴で、ストレスやイライラを鎮めてくれます。女子力を高め喜びや安心感、受容性、官能的な高揚感を与える効果があります。ただし濃厚な香りなので過度の使用は頭痛と吐き気に襲われるので注意が必要です。

☆『女性らしさや優しさ柔らかさのある香りが癒してくれます』


・サンダルウッド・インド(別名、白檀)
 
よく扇子に用いられる香りです。深みのある香りで比較的男性が好む香りではないでしょうか。 心の安定や穏やかさ、寝つきを良くしたい時に使われます。

☆『香木を焚くなどして上質なくつろぎの空間を演出できます』


もちろん、すべてのアロマオイルが良いというわけではありません。好みやその時の体調、気分などにも大きく左右されます。なのでこれだけ豊富な数のアロマオイルがあるのも納得です。自分のお気に入りのアロマオイルを見つけ出すのはなかなか難しいですですが、それを探すのもアロマオイルの楽しみ方の一つではないかと思います。
 

久しぶりに家のエアコンを付けてみると、異臭というか悪臭がする場合があります。しばらく暖房、あるいは冷房を使っていなかった冬の始まりや梅雨時期などは、エアコン内部のフィルターや放熱板、ファンに付いた雑菌や埃がそのまま放出されるので、臭いの原因となります。

kaden_ca_019


エアコンの異臭対策として考えられる方法は以下の4つがあります。

① 1~2時間、送風機能で放置しておく
送風機能でエアコン内部を乾燥させることによりカビなどの繁殖を抑えて、カビ臭などを軽減させることができます。

②フィルタのこまめな清掃
エアコンフィルタにはさまざまな雑菌や埃が溜まっています。タバコの煙によるヤニ臭もフィルタにこびりつきます。定期的にフィルタを洗うことで、 嫌な臭いを減らすことができます。ただし、洗ったあとのフィルタはしっかり乾燥させてから戻しましょう。別の異臭の原因になります。

③エアコン用の脱臭スプレーを利用する
急なお客様の来訪など、急いでエアコンの脱臭をしなければいけない場合は、家庭用エアコンの消臭スプレーなども効果的です。何かの時のために1本ぐらい常備しておくと安心です。


④エアコンの清掃業者にお願いする。
プロの清掃業者にお願いして、エアコンの分解清掃をしてもらうことが根本的な解決になります。1~2万円ぐらいで綺麗に清掃してくれる業者もありますので、近隣の業者さんに問い合わせ、あるいはインターネットなどで検索して、良心的な業者さんにお願いしましょう。

有名どころだと、おそうじ本舗のエアコンクリーニングが11,000円になってますね。 

シューズの臭いの原因は、やはり汗の湿気と細菌です。以前の記事で足のにおいの原因について書きましたが、基本的にはシューズの臭いも同様の原因から発生しています。

よって、対策も基本的には足の臭い対策と一緒で、1日履いたら日なたで天日干しするか、通気性の良い場所で乾燥させる、そして定期的に洗うことが一番の対策になります。ですから1足だけでなく、2~3足をローテーションで履くと臭いを気にしなくても済みますし、なによりも靴自体が長持ちします。

そうは言っても、お気に入りのシューズとか、雨が続いているとか、連日、同じシューズを履く機会もあると思います。 あまり臭いを心配しすぎても逆にストレスになりますし、そもそも注意深くシューズの臭いを嗅ごうという人も居ないと思いますが、消臭・脱臭スプレーを吹きかけておくだけでも悪臭のレベルは下がります。


毎回紹介していて恐縮なのですが、急速イオン消臭スプレーのヌーラはもちろんシューズの消臭にも使えます。

shoes01
 
シュッシュと2~3回スプレーして、軽く乾かしておくだけでOKです。もちろん、ヌーラ以外の消臭スプレーでも大丈夫ですので、下駄箱にでも常備しておきましょう。

特に梅雨時期は外に干すことができませんし、湿気も高いですから消臭スプレーは非常に有効です。夏場はとにかく汗をかきますので、シューズを脱いだら天日干ししておきましょう。それでも臭いが気になるようであれば消臭スプレーも利用しましょう。

以前の記事で、足の臭いの原因の2大要素は「汗」と「細菌」だということを書きましたが、今回の記事はその足の臭いを消す、あるいは軽減させる対処法について書いていこうと思います。

foot02

足をしっかり洗う

一番最初に注意することは、足を清潔にすることです。当たり前のことですが、基本でもあり一番重要なポイントになります。

 基本的にはお風呂などでしっかりと足全体や指の間まで洗えばOKですが、保湿成分の多いボディーシャンプーなどは避けましょう。保湿されると蒸れの原因にもなります。固形石鹸やブテナロックなどの足用ソープを使用して丁寧に洗いましょう。

角質を落とす

足を洗うのと同時に角質を落とすことも意識しましょう。 古い角質が細菌に分解されるときに悪臭が発生します。足の裏が乾いている時に手でこすったり、フットケア商品を活用したりして、かかとなどの手入れをしましょう。

足が蒸れないようにする

これも単純な方法ですが、非常に効果的です。会社などで室内用のスリッパやサンダルなどを用意して、足の通気性を良くしてあげるだけで、嫌な臭いを抑える効果があります。靴の乾燥にもなるので一石二鳥です。

靴のメンテナンスをこまめにおこなう

靴を脱いだら通気性の良い場所で乾燥させておきましょう。消臭スプレーなどを吹きかけておいてもよいでしょう。1日ぐらい乾かしたらシューキーパー(シューツリー)を入れておきましょう。靴の型崩れを防いでくれます。なお、木製のシューキーパーは湿気などを吸い取ってくれるのでお薦めです。

靴のローテーションをおこなう

毎日同じ靴を履き続けるのは控えましょう。臭いもそうですが、靴の寿命を縮めてしまいます。できれば3足ぐらいをローテーションで履くことで、靴の寿命を延ばせますし、しっかりとメンテナンスも行えますのでにおい対策にもなります。