汗をかくという現象は基本的に人間の生理現象です。ただ、人によって汗の量に違いがあり、時に汗っかきの人は脇の下に多量の汗をかく場合が多いです。

多くの人は、気温や運動による体温の上昇によっておこる「温熱性発汗」や、辛味・酸味など刺激のある物を食べた時にかく「味覚性発汗」が汗をかく大きな原因となっています。

smell_waki


また、もう一つ汗をかく原因として「精神性発汗」というものがあります。

ストレス、緊張、不安など精神的プレッシャーをかかえた場合に大量に汗をかいてしまう症状です。さらに汗をかく事に対する不安や、汗をかかないようにしようと自分にプレッシャーをかけてしまう事で余計に汗をかいてしまう悪循環に陥る場合があります。

多汗症とは

多汗症とは簡単に言うと「汗をかく量が人より多い」という症状です。人は誰でも汗をかきます。ただ、どのくらいの汗の量で多汗症と言われるのかは境界線が難しいのですが、多汗症の場合は気温の上昇や運動などの対応上昇とは関係なく汗をかくことが多いと言われています。

脇汗なのか、多汗症なのか、自分でもわからず、モヤモヤしている方は、おもいきって皮膚科などの専門医のカウンセリングを訪れ、自分は多汗症なのか、何が原因で多汗症を起こしてしまっているのか等、相談してみることをオススメします。内服薬や外用薬など、さまざまな治療方法を紹介してくれると思います。


ただ、汗をかくということは生理現象で当たり前のことです。脇汗や臭いの対策方法はいろいろあります。必要以上に気にすると精神的プレッシャーになり、さらに汗をかきやすくなってしまいますので、対策をしっかりして安心して生活しましょう。