わきがを中心とした汗のにおい対策としては、以下のような事が挙げられます。

基本的には最初の項目の「常に清潔にする」ということが即効性もあり重要な項目なのですが、食生活などの生活改善をおこなうことで、そもそもにおいを発生しにくい身体にしていくという方法もあります。

wakiga_taisaku


歳を取るとどうしても加齢臭というにおいも発生してきますが、全員が全員加齢臭があるわけではありません。個人個人の予防や対策によって、においは大きくも小さくもなるのです。
 

【常に清潔にする】
こまめにお風呂に入る(シャワーを浴びる)、衣服を着替える、脇汗パッド(シート)を使用し汗を吸収する等で、脇の下を清潔に保つ事を心がける。わきが自体は治りませんが臭いは抑えることが可能です。

【食生活を改善する】
肉類(高カロリー・高脂肪)中心の食生活を改善し、野菜中心のバランスの良い食事を心がける事で体質の改善が見込めます。

【制汗剤・クリームを使用する】
制汗剤や制汗クリームを使用することで、悪臭の原因である汗を抑えることが可能です。

【漢方薬、サプリメント】
食生活の改善と同様に、漢方薬やサプリメントの服用もわきがの症状改善に効果的です。サプリメントは、抗酸化物質であるベータカロチン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどを配合してあるものが良いでしょう。なお、漢方薬は専門家に必ず相談し処方してもらう必要があります。

【脱毛・除毛】
脱毛や除毛をすることで、わきがを治す事はできませんが悪臭を抑える効果が見込めます。女性の場合はエステサロンや美容外科等で相談してみても良いでしょう。

【手術】
美容外科等で臭いの元となる脇の下のアポクリン腺、皮脂腺を除去する手術を受けることも可能です。ただし、手術により効果には違いがあり、傷跡が残るなどのリスクもあるので慎重な検討が必要です。