足の臭いで悩んでいる人も多いと思いますが、原因を理解してしっかりと対策すれば嫌な臭いは抑えられます。この記事ではまず、足のにおいの原因について解説していきます。

foot01

足の悪臭の原因は「汗」と「細菌」の2つの要素から成り立っています。ワキガの原因の記事で書いた要素と同じですね。

足の裏には人体の中でも汗腺(特にエクリン汗腺)が集中している場所で、身体の他の部分よりも3~10倍の汗腺が存在していると言われています。そのため、1日にかく汗の量は両足で約200ccもの量になるそうです。レッドブル1缶分です(なんだこの喩え)。

エクリン汗腺は体温を調整する重要な汗腺で、発生する汗の99%は水になっています。このエクリン汗腺からかく汗そのものは無臭であり、ほとんど臭いは発しません。


なぜ、その無臭の汗が悪臭に変わるかというと、「細菌」がイタズラするからです。 

足の裏は、体のどの部分よりも角質層が厚く、それが新陳代謝や靴との摩擦などではがれ落ちて、大量の垢になります。そして汗をかいた靴の中は湿気と温度が高く、細菌(雑菌)が活動するのに最適な環境となります。そして汗と一緒に流れ落ちた古い角質などの成分を細菌が分解し、ムッとするような悪臭を発生させるわけです。


特に女性が冬場によく履くブーツやストッキングは通気性が悪く、高温多湿になりやすいため足が蒸れやすくなります。結果として雑菌を繁殖させ、さらに悪臭を発生させます。また、足の蒸れは水虫の原因にもなるため、痒みを伴ったり、さらにさらに悪臭を発生したりするようになります。


このように複数の要素が組み合わさることによって、あのすえたような足の臭いになるのです。