以前の記事で、足の臭いの原因の2大要素は「汗」と「細菌」だということを書きましたが、今回の記事はその足の臭いを消す、あるいは軽減させる対処法について書いていこうと思います。

foot02

足をしっかり洗う

一番最初に注意することは、足を清潔にすることです。当たり前のことですが、基本でもあり一番重要なポイントになります。

 基本的にはお風呂などでしっかりと足全体や指の間まで洗えばOKですが、保湿成分の多いボディーシャンプーなどは避けましょう。保湿されると蒸れの原因にもなります。固形石鹸やブテナロックなどの足用ソープを使用して丁寧に洗いましょう。

角質を落とす

足を洗うのと同時に角質を落とすことも意識しましょう。 古い角質が細菌に分解されるときに悪臭が発生します。足の裏が乾いている時に手でこすったり、フットケア商品を活用したりして、かかとなどの手入れをしましょう。

足が蒸れないようにする

これも単純な方法ですが、非常に効果的です。会社などで室内用のスリッパやサンダルなどを用意して、足の通気性を良くしてあげるだけで、嫌な臭いを抑える効果があります。靴の乾燥にもなるので一石二鳥です。

靴のメンテナンスをこまめにおこなう

靴を脱いだら通気性の良い場所で乾燥させておきましょう。消臭スプレーなどを吹きかけておいてもよいでしょう。1日ぐらい乾かしたらシューキーパー(シューツリー)を入れておきましょう。靴の型崩れを防いでくれます。なお、木製のシューキーパーは湿気などを吸い取ってくれるのでお薦めです。

靴のローテーションをおこなう

毎日同じ靴を履き続けるのは控えましょう。臭いもそうですが、靴の寿命を縮めてしまいます。できれば3足ぐらいをローテーションで履くことで、靴の寿命を延ばせますし、しっかりとメンテナンスも行えますのでにおい対策にもなります。