久しぶりに家のエアコンを付けてみると、異臭というか悪臭がする場合があります。しばらく暖房、あるいは冷房を使っていなかった冬の始まりや梅雨時期などは、エアコン内部のフィルターや放熱板、ファンに付いた雑菌や埃がそのまま放出されるので、臭いの原因となります。

kaden_ca_019


エアコンの異臭対策として考えられる方法は以下の4つがあります。

① 1~2時間、送風機能で放置しておく
送風機能でエアコン内部を乾燥させることによりカビなどの繁殖を抑えて、カビ臭などを軽減させることができます。

②フィルタのこまめな清掃
エアコンフィルタにはさまざまな雑菌や埃が溜まっています。タバコの煙によるヤニ臭もフィルタにこびりつきます。定期的にフィルタを洗うことで、 嫌な臭いを減らすことができます。ただし、洗ったあとのフィルタはしっかり乾燥させてから戻しましょう。別の異臭の原因になります。

③エアコン用の脱臭スプレーを利用する
急なお客様の来訪など、急いでエアコンの脱臭をしなければいけない場合は、家庭用エアコンの消臭スプレーなども効果的です。何かの時のために1本ぐらい常備しておくと安心です。


④エアコンの清掃業者にお願いする。
プロの清掃業者にお願いして、エアコンの分解清掃をしてもらうことが根本的な解決になります。1~2万円ぐらいで綺麗に清掃してくれる業者もありますので、近隣の業者さんに問い合わせ、あるいはインターネットなどで検索して、良心的な業者さんにお願いしましょう。

有名どころだと、おそうじ本舗のエアコンクリーニングが11,000円になってますね。