女性なら冬になるとみなさんブーツを履きますよね。そこで出てくる問題が足の臭い。そんな悩みも解消するために私の足での実験も元に何項目かピックアップしてみます。

boots01


まず脇の下や手、足のひらには身体全体比べ特に多くのエクリン線という汗線(汗を出す器官)があります。そこからたくさんの汗が分泌されます。ですが分泌される汗の99%が水分で残りの1%は塩分やカリウムなので直接原因にはなりません(汗をかいて臭う・・・についてはまた別の記事で解説します)。ではなぜ蒸れて臭くなるのでしょう。

  • 靴下、ストッキングが臭いの元

十分あります。試しに漂白剤や除菌系の洗濯洗剤で漬け洗いし、消臭スプレーをかけ乾いた靴下で一日過ごした後は変わります。新しい靴下だと臭いにくいと実感している方もいると思います。と、なると日々のお洗濯で落とし切れていない雑菌が汗によって増殖して臭いの元となっているのです。

  • 足の爪を隅々まで手入れする

エクリン線の多い足の爪の間の雑菌の除去。足の爪の間のこまめなお手入れや伸びすぎていないかなどちゃんとメンテナンスしていますか?そういった小さな努力の積み重ねが恥ずかしい思いをしないための1つなのです。

  • 足の古い角質や垢などの除去

ドラッグストアなどで売っている足の皮のケア用品。ゆで卵のようなすべすべかかとになりました。そう考えると不要な角質や垢などがこれだけあったのかと驚きました。その時期はブーツではなかったので、確信を得れなかったのですがこれも大いに原因の1つになるかと思います。

  • 臭くなる前の予防

何を言ってもこれが大事です。今では足用のデオドラントスプレーやクリームなどが数々出ていますね。これはとても効果があります。私も年中お世話になってます。



私はスプレーやクリームだけに頼るのではなく日々の身体のお手入れから臭いを無くしたいと考えているので他のものも紹介しました。いい匂いは人の気分を良くします。ですから素のあなたでもキレイでいい香りのする人になって欲しいと思っています。