猫を飼っている方のほとんどが悩んでいる「におい」。それは、猫のトイレ周りのにおいではないでしょうか。

猫は、ほかの動物と比べてあまり水分を取らない生き物。そのために、一度のトイレで、いらないもの、そしてにおいまで、ぎゅっと凝縮して出してしまうのだそうです。

183230-001
 

お客さまがいらっしゃる時にも困りますが、猫は嗅覚が鋭いので、トイレのにおいが嫌だと、床やソファなど他の場所でトイレをしてしまう恐れもあります。そのためにも、しっかりにおい対策をすることが有効です。

  • 1.室内用芳香剤を使用する 
市販の室内用芳香剤には、さまざまなものがありますよね。香りの名前まで凝っていて、選ぶのも楽しいものです。しかし、猫を飼っているご家庭では、無臭のものをおすすめします。

猫には苦手なにおいがたくさんあるからです。特に柑橘類のような「すっぱい」においは、「腐ったモノ」として判断するため大の苦手。猫にいたずらしてほしくない場所などに「しつけ」の一環として使われるほどなのです。

  • 2.トイレの場所を変える
トイレの個室が広めのお宅なら、猫のトイレもそちらに移動しましょう。トイレ用芳香剤を使うことで、まとめてにおいを消すことができます。

  • 3.重曹を使う
そのほか、猫にもやさしいにおい対策としては、お掃除にもよく使われる重曹もあります。小さな容器に粉を入れておくだけで大丈夫。湿気を含んで固くなってきたら交換しましょう。なお、猫がなめたりしないように、なるべく気づかれない場所を選んで置くといいでしょう。


 


いかがでしたか? 猫のにおい対策3選でした。