冬至にゆず湯に入るという風習がありますよね。運を呼びこむ前に、強い香りで体を清めて厄払いするという理由でするようですが、香りを楽しむという意味でその他のフルーツ湯もお勧めですよ。

08


まず、ゆず湯は、香り高いほっこりした香りが楽しめますよね。香り成分自体に、血行を促し新陳代謝を活発にして、体を温める作用があります。風邪予防にもいいですよね。

香りだけでなく、ゆずにはビタミンCが含まれているので、お肌もすべすべになりますよ。「冷え性」「神経痛」「腰痛」などがやわらぐという効能もあるそうです。ぷかぷか浮く様子もかわいらしく癒されますね。


次にご紹介するのは、りんご湯です。私も最初はこれは、抵抗があったんですが、香りはいいだろうなって直感がわき試してみました。

甘いすっぱい香りがお風呂場に立ち込めて、幸せな気持ちになりました。りんごの皮には、ペクチンが含まれています。それが、肌を滑らかにしてくれ、美肌効果も期待できますよ。

これは、りんごの皮のみを使います。皮を半生に乾かして、不要な布の袋にいれて、浮かべるだけです。もちろん果実の部分は食べちゃいましょう。香りによる、リラックス効果、ストレス解消にいいですよ。

他にもいろいろ楽しめそうですね。ただ、フルーツ湯の注意点ですが、柑橘系のミカンの皮やオレンジ、柚子の皮などは肌に直接当たると炎症を起こす方もいらっしゃいますので、肌が弱い方は気をつけてくださいね。