車の中の臭いも、それぞれ特長があるものですよね。

狭い密閉空間ですから、匂いがとにかく籠るんです。しかも、その匂いが、シート等の生地に付着してしまうから、においを消したくてもなかなか消えません。

10
 

突然ですが、車内で食べ物を食べますか?例えば、ドライブスルーした後のファーストフードだとか中にはコンビニのお弁当を食べる人もいるかもしれません。小さな子どもが食べ物や飲み物をこぼしてしまい、その匂いがついてしまうこともあります。


車内のにおいいを消すためには単純なことですが、まず、車内の掃除が大切です。少しの隙間などにパンのカスやお菓子が1個転がっていることもあります。それが、長時間放置されることにより、異臭を放ったり虫が湧いたり、時にはカビも発生させます。

ですので、細かいところまで念入りに先が細い掃除機などで掃除をしてください。そして、2~3週間に1度は、シートに重曹スプレーをかけて掃除機を布でぽんぽん叩いて汚れをとりましょう。

布を見てびっくり、茶色や黒などの色がつくはずです。消臭だけでなく汚れ落としにも最適ですよ。時間があれば、車内の窓を開け放して、シートを天日干ししてやるといいでしょう。

食べ物だけじゃなく、ダニの死がいなどもシートに落ちていてそれがまた匂いの元になりますので、常々清潔に保ちたいですね。