香水は、今や女性にとって身だしなみの1つとなりつつあります。ですが、皆さんは体のどの部分に香水をつけていますか? 

一般的には耳の後ろや手首などが多いと思います。ですが、実は他の付け方もあるのです。今回は、香水を付ける場所についてご紹介します。

005香水
 

香水の香りを生かすためには、揮発させることが必要です。つまり、液体の状態で付けた香水が、蒸発して気体になる際にふわっと香りが立ち上るのです。つまり、血管に近い部分の方が温まりやすいですよね。

ですから、腕の内側部分やひざの裏、腰などにつけるのがおすすめです。手首や耳の後ろにつけた場合と比べると、付けた当初はあまりにおいがしません。ですが、時間とともに温まって揮発し、ふわっと香り出すのです。香りのきつい香水でも、少しマイルドな香り方になるのでおすすめの方法ですよ。

さて、皆さんは、身支度のどのタイミングで香水を付けていますか? メイクもヘアセットも終わらせて、洋服を着て…と最後の仕上げの段階で香水をふる方がほとんどだと思います。

ですが、腕の内側やひざ裏などに付ける場合は、香水をつけるタイミングも変えなければいけないので注意しましょう。たとえば、長袖のシャツを着る場合にはその前に腕の内側につけなければいけません。ひざ裏につけたい場合には、7分丈のパンツやストッキングなどを履いてからでは遅いですよね。

ですから、香水をつけるタイミングも合わせて考えてみてくださいね。