お香を取り入れた生活をすることも、増えていていますね。リラクゼーションルームや、お店などで、炊かれている香りを嗅ぐことも多いのではないでしょうか?

12
 

ご存知でしたか?お香とお線香ですが、基本的には同じなのです。お線香自体も香りがついているものがありますよね。異なるのは、その用途です。お香は楽しむ為に使うもの、お線香は仏具として使うものです。お香もその昔は、お風呂に入ることがあまり出来なかった時代に、におい消しとして使われてもいたようです。

お香は、どのようなシーンで使うのがいいでしょうか?お客様をもてなすという意味で、「玄関」や「客間」、「床の間」などに使うことも多いですね。また、自分が楽しむという観点で、お風呂上りにまた、就寝前に使う人も増えています。

いずれの場合も、リラックス効果や癒しを効果に使われていますよね。香りを嗅ぐことで、Β―エンドルフィンが分泌され、幸せ感を感じることが出来ます。ただ、お香にも質があり、香り付けに化学品などを使っている場合は、逆に頭痛などの弊害がでることがありますので、お気をつけくださいね。お線香屋さんなどのお香はその分、確実かもしれません。

人によって、香りの好みは異なりますので、万人受けする、フローラルやムスクといった香りを選んでのおもてなしもいいのかもしれません。