体臭が気になるといえば、夏場の汗をかきやすい時期ってイメージがありませんか?私も実はそう思っていたのですが、冬場の体臭の方が臭いもきつく、悩んでいる人が多いそうです。

夏と冬で違うのは気温と、着込む服の量が違いますよね。

重ね着することによって、通気性が悪くなります。つまり汗をかいても、それが発散されることがないので、篭ってしまうんです。そして、その臭いがずっと、服と肌、服と下着の間などにたまったまま、次いつその臭いが解き放たれるか?というと、服を脱ぎ着する時です。

14
 

会社などの室内にいるとき、体温調整のために、暑いから1枚脱ごうかなって時がありますよね。そういう時に、蒸れた臭いが周囲に漏れるのです。こういった体臭は、特に密閉されて熱がこもる満員電車の車内などでは相手に不快な印象を与えてしまいます。

また、気温が低いと、臭いは体温に温められて外に漏れやすいので、冬場よりも臭いやすいのです。

でも、寒いから服は着ておきたいですよね。となると、肌に触れる肌着が消臭効果が高いものを着る必要があります。また、冬場こそ脇の汗取りパッドをつけておくといいですよ。また、生地も、ポリエステルなどの化学繊維ではなく、汗や皮脂を吸収しやすい綿100%のものがお勧めです。

エチケットとして冬場も体臭対策気をつけたいものですね。