嫌いなクサイ臭いランキングトップ3に入っている一つが生ごみの臭いです。誰がどうしたってあの臭いはどうにもたまりませんよね。特に夏場は一日たりとも放置できないです。仕事から帰って来てやっとゆっくりできる!

ガチャ・・・と同時に家中に広がった生ごみの臭いがしてきたら・・・。もうリラックスなんてできないですよね。そんな生ごみの臭いを少しでも軽減するために対策法をご紹介致します。

15
 

生ごみはその名の通り『生のごみ』です。よって水分を少なくすることが重要です。

  • シンクに三角コーナーを置かない

そもそもそこに三角コーナーがなければ生ごみが水けをおびることはかなり軽減されます。 野菜の皮・卵のから・その上から余ったお味噌汁やスープなどをかける。そんな事をしたら臭いに決まってます。そこで、三角コーナーなどは撤去しスーパーの袋などに入れてその都度すぐに密封し捨てられるようにします。

  • 新聞紙と重曹orお酢で更に元から消臭

ビニール袋などに入れてもその臭さは漂ってくるのですから本当にとんでもない悪臭なのですね。そこで、ビニール袋やスーパーの袋に入れる前に新聞紙やキッチンペーパーで包みます。それだけでも水分が吸い取られるので少しはマシです。さらに水で薄めたお酢を新聞紙やキッチンペーパーに湿らせておくとアルカリ性が生ごみの酸を中和してくれるのでニオイを防いでくれます。さらにさらに、重曹を使うことによって消臭効果のパワーアップが見込めます。