ミント(ハッカ)の歴史は古く、35007年前の古代ギリシャで薬として使われていたことが分かっています。なんと日本へは今から2000年以上前に中国から伝わっているのです。

14
 

そんなミントの中でもペパーミントが一番ポピュラーな種類です。ペパーミントと聞いてどんなことを思い浮かべますか?ガム?歯磨き粉?その二つに共通するのが「清涼感」ですね。ではこの清涼感のある香りがもたらす効果をご紹介していきます。

  • ペパーミントの効果

ペパーミントは主に胃腸系に効果があると言われています。二日酔いなどの胃のムカつきや、乗り物酔いなどのすっきりし無い感じ、または意識をはっきりさせてくれるので、時差ボケなどの改善などに効果があります。

【具体的にこんな効能も】

・ペパーミントは頭部の筋肉の緊張などを和らげてくれるため頭痛を解消してくれる。
・便秘の時はペパーミントを使ったハーブティーを飲むことで腸の調子を整えてくれるので便秘解消になります。
・呼吸器官にとてもいい効果を表します。花粉症・風邪による鼻づまりなどを解消させてくれるのもペパーミントならではです。
・最近の研究では記憶力まで高めてくれることまで解ってきました。記憶を整理する海馬へ良い働きが分かってきたのです。

ただの爽快な香り、というだけではなく今では医療機関などでも扱われるペパーミント。その効能を是非ご自分の手で体験してみてください。

※ペパーミントは効能も素晴らしいのですが香りの強いアロマオイルです。使用量に注意の上、直接ニオイを嗅いだり皮膚に塗ったりしないように気を付けて使ってください。