今までリラックス効果のあるアロマを紹介してきましたが、今回はローズマリーという植物(ハーブ)について解説します。

13
 

ローズマリーは「海のしずく」や「マリア様のバラ」など小さな紫色のひっそりとした花によく似合いそうな呼び名がついています。香りはフレッシュでハーブのような香りが特徴の花です。

さて、ローズマリーですが効果としては

・精神面的な過労や無気力、記憶力減退を改善させてくれる。
・発汗作用や利尿作用で身体の中の老廃物を取り除く効果
・筋肉痛や通風、リウマチにも効果があるとされている

さらに、ローズマリーは収れん作用があるため引き締め効果が期待されます。化粧水などローズマリーに変えてみるだけでお風呂上りが楽しくなるでしょうね。

なんとローズマリーは『若返りの水』と言われる「ハンガリーウォーター」の原料なのです。ハンガリーウォーターはその昔14世紀のハンガリー王妃は彼女が70を過ぎたころから体の衰えを感じていたもののそのハンガリーウォーターでみるみる元気ハツラツになったと言い伝えられています。

アロマ=リラックスではなくこういった元気づけてくれるアロマもあったのです。ローズマリーの効果を発揮させたいなら、部屋で拡散器を使い吸引する方法がいいです。朝の準備中などに焚いておけば、その日は元気ハツラツに過ごせそうですね。