食べるとお口や息が臭くなる食品の代表格と言えば「にんにく」かな?と思いますが、これは、にんにくの「アリシン」という成分が臭いの原因となっています。だからみじん切りのにんにくを使う餃子や焼き肉などを食べると臭いやすくなるわけです。

また、体内に取り入れたアリシンは血液に乗って体中を巡るので、にんにくを食べて時間がたった後も臭いが中々消えません。なので、にんにくを食べた後にはただ単に歯をみがいたり、口臭予防のスプレーなどをするだけではなく、体の中から臭いを防止しなければならないという事になります。このアリシンの独特の臭いを抑えてくれるのが「緑茶」で、にんにく料理と一緒に飲むと食後の口臭が緩和されます。

緑茶

歯磨きなどをすれば口臭が防げる食材は?


納豆が臭うのは、発酵する過程で生じるアンモニア有機酸と、イソバレシアン酸と呼ばれる脂肪酸によるものですが、体の中からも臭うにんにくとは違うので、食べた後にキチンと歯磨きをすれば大丈夫です。

アルコールは実は口臭の原因に?


子供に、「お父さんお酒臭い」と言われた事はありませんか?

アルコールは、酵素で分解されるときに強い臭いを放つ「アセトアルデヒド」を発生させ、口の中が乾燥するドライマウスが起こり、独特の口臭を作り出してしまいます。余りお酒の強くない人が、肝臓の処理能力を超えた量のお酒を飲んでしまいますと口臭はさらにひどくなります。お酒を飲む前に、チーズや豆乳などのたんぱく質を摂っておくとアルコールが分解されやすくなります。また、時々水を飲み口の中の乾きを防ぐ事も大切です。

コーヒーの意外な落とし穴?


コーヒーが舌の表面にある舌乳頭に付着し、また、唾液の分泌を抑える働きもあるので、ドライマウスとなって口臭の原因になります。また、コーヒーに砂糖やミルクを入れて飲む習慣のある人は、更に口臭の原因となるのでブラックが良いですし、口臭の気になる方は、緑茶か砂糖やミルクなしの紅茶(ストレートティー)がオススメです。