働いている人たちにとって、ランチは最大の楽しみでもあります。私の勤務していたオフィスの周辺には、星の数ほど飲食店がありました。中には、グルメ雑誌に何度も載るような評判の高いレストランから、多国籍料理、本格的な中華レストランで食べられるお手軽なランチ、定番の和食まで、毎回決めるのが難しいくらいバリエーションがあるのです。

私の職場には、毎日違った場所でランチメニューを堪能する、たったそれだけが目的で働きに来ているのではないか?と思わせるような女子Tがいました。スラリとした彼女はいつもハイセンスな服装で、素敵な雰囲気を醸し出している女性です。いつもお昼休みの数分前になると、時計をちらちら気にしながら、今日は○○に行ってみようと思うんだ~、とそれは嬉しそうな声で私に話しかけてくるのです。

でもランチの後に帰ってくると、必ずと言っていいほど仕事仲間を当惑させる出来事が。彼女からプ~ンと食べた物の臭いがするのです・・・閉めきられた空間であるオフィスではひときわ食後の口臭は鼻につくもの。歯磨きだけでは消しきれない強烈な彼女の口臭に何度となく悩まされたのでした。

さて今回は、口臭をパワーアップさせてしまう食べ物、口臭を抑えてくれる食べ物を調べてみましたよ。参考にしてみてくださいね。

口臭が原因となる食べ物を知っておこう


04-01

ニンニクやネギは、口臭を作り出す王者とも言えます。ニンニクにはアリシンと呼ばれる成分(別名で流化アリルとも呼ばれる)が含まれており、これが臭いの原因。おろしニンニクが大量に入ったラーメンや焼肉定食はもちろんアウトですね。

納豆、キムチなども口臭の原因に。ランチには我慢して、家で食べる方がいいかもしれませんね。そして生の玉ネギも要注意、口臭を悪化させます。ハンバーガーに挟まれていたり、野菜サラダのトッピングにされているので、口臭が気になるなら取り除くといいかもしれません。

ソバの上に散らされている青ネギ、ニラが含まれているチジミ、レバニラ炒めは、間違いなく口臭を悪化させます。いくら歯磨きをしても、胃腸から出てくる臭いでごまかすことはできません。

お手軽なパスタランチも実はリスクあり。大抵のパスタは香りづけにオリーブオイルとニンニクで炒めてあるからです。カレーは、香辛料の宝庫です。カレーに含まれている強烈な香辛料の臭いは、口からだけでなく皮膚からも臭うほどです。カレーに付け合せで出てくるラッキョウもアリシンが含まれており、口臭を悪化させる食べ物です。

食後の口臭をスットプしてくれる食べ物は?


リンゴ、パイナップルなどは天然の歯ブラシともいえる、口臭予防に大きな効果を発揮してくれるありがたいフルーツ。殺菌作用があり、お口の臭いを消す手助けをしてくれます。またたんぱく質を分解する酵素も豊富に含まれています。カットフルーツならコンビニでも売っているので、口臭対策に食後のフルーツを習慣化させましょう。また、牛乳やヨーグルトもおすすめ。乳製品には胃腸の調子を整え、消化を促す作用があるからです。

04-02

梅干しも口臭予防に優れた才能を発揮してくれます。梅干しの酸味は、唾液の分泌を促進させて、同時に殺菌作用もあります。カリカリ梅などをオフィスのデスクに忍ばせておいて口臭対策にするのもいいですね。