きちんと歯を磨いているし、舌の掃除やプラークコントロールもしているのになかなか口臭が消えない・・・。

もしかしたら原因は、胃腸にあるのかもしれません。胃腸には何百種類もの菌が存在しています。悪玉菌が増加すると、アンモニア臭などのガスが発生して、口臭や体臭となって体外へ出てきます。解決策は、善玉菌を増やすような食事を取り入れるようにすることです。そうすれば体の中から口臭を抑えることができます。

善玉菌を抑えるためには、1、乳酸菌 2、オリゴ糖 3、食物繊維 この3つの助けが必要です。

乳酸菌を積極的に摂取する


口臭がするのは、胃腸の調子が悪いサインともいえますから、整腸作用のある乳酸菌が含まれている食事を意識して取り入れるようにしましょう。

代表的な食べ物は、何と言ってもヨーグルトですよね。飲むヨーグルトやヤクルトなら、毎日でも簡単に続けられそうです。納豆、味噌、しょうゆ、漬物、キムチなどにも植物性乳酸菌が豊富に含まれていて、胃酸や消化液に負けることなく腸にまで届いてくれる口臭対策に優れた食品です。忙しい人には、乳酸菌サプリメントがおすすめ。水がなくても飴のように舐めればいいだけのタイプもあります。乳酸菌が生きたまま腸まで届くように作られているので、これも口臭対策に取り入れてみましょう。

整腸作用のあるオリゴ糖を取る


オリゴ糖は大腸まで消化されずに届きます。善玉菌を増やす働きがあり、腸内環境を整えてくれます。砂糖の代わりにオリゴ糖を甘味料として使用しましょう。お料理の味付けやコーヒー・紅茶を飲むときに使うことができます。ごぼう、バナナ、タマネギ、ネギなど野菜や果物にもオリゴ糖が含まれています。乳酸菌を増殖させる作用もあるので、ヨーグルトなど乳製品と一緒に取ると効果的です。
06-01

食物繊維が豊富に含まれている食品を摂取する


健康維持促進に大活躍する食物繊維は第6の栄養素とも言われています。さらに食物繊維は、善玉菌のエサになります。また善玉菌を増やすだけでなく、胃腸に到達すると水分を含んで数十倍にも膨らみ、胃腸を刺激してぜん動運動を高めてくれます。

便秘を解消させ、宿便や老廃物を体内に押し出してくれ、口臭の原因となるガスを発生するのを抑制してくれます。食物繊維は、海藻、キノコ、こんにゃく、キャベツ、イモ類などに含まれています。
06-02

口臭に最適なメニューは?


では、乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維がバランスよく含まれた口臭に効果的なメニューにはどんなものがあるでしょうか。

●シリアルをかけたバナナヨーグルト

乳酸菌:ヨーグルト、「特定保健用食品」なら胃腸まで乳酸菌が届きます。 オリゴ糖:バナナ 食物繊維:シリアルは、アーモンドやココナッツがスライスされたもの、レーズンなどドライフルーツが含まれているものをチョイスしましょう。

●野菜たっぷりのけんちん汁

乳酸菌:味噌 オリゴ糖:ごぼう、ネギ 食物繊維:こんにゃく、サツマイモ、さといも、大根

この2つのメニューなら毎日でも続けられそうですよね。朝食にシリアルをかけたバナナヨーグルト、夜には、作り置きしておいたけんちん汁。ランチは好きなもの食べられるので、ストレスなく続行できそうです。口臭対策に是非試してみてください。